OVA『「TALES OF PHANTASIA」THE ANIMATIONユグドラシル・エディション』 第2巻 初回限定版

OVA『「TALES OF PHANTASIA」THE ANIMATIONユグドラシル・エディション』 第2巻 初回限定版 販売元:フロンティアワークス
発売日:2005-02-25


エディターレビュー

ナムコの不朽の名作RPG「テイルズ オブ ファンタジア」が初映像化されたオリジナルビデオアニメーションDVD。「テイルズ オブ ファンタジア」の世界をベースに、クレス、ミント、チェスター、アーチェ、クラース、すず、ダオスらの活躍を全4巻で描くシリーズの第2巻目。

2話目に当たる本作では、壊滅した都市「ミッドガルズ」を舞台に、魔導砲で崩壊したミッドガルズからついに時空転移を果たすまでのクレスたちの物語が語られる。

キャラクター原案は藤島康介氏、脚本を金月龍之介氏が担当。ゲームシリーズのファンだけでなく、アニメーションファンも充分楽しめるクオリティに仕上がっている。

『ユグドラシル・エディション』第2巻の初回限定版は、特製パッケージ、アニメ各巻のシナリオ掲載の特製ブックレット(36ページ)、ボーナスディスクとしてオリジナルキャストによるOVAシナリオを基にしたサウンドドラマCD「ユグドラシル・エディション」、プレゼント応募券付きアドカード1枚の4特典が付いた仕様になっている。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・静かな盛り上がりを見せる
2巻では魔科学砲発射後の崩壊したミッドガルズから、クレス達が時空転移して現代へ帰るところまで。
これという戦闘シーンがないのでそういう動きのある見せ場はないのですが、この巻で大切なのはダオスの動きです。
おそらく3巻ではダオスの出番はないので、ここできっちりとダオスを描いておかないと、4巻ラストでいきなりネタバレで白けるなんてことになりかねません。
まだクレス達に対しては謎めいた言葉であるけれど、ダオスがどういう信念を持って動いているのか、見る側にはしっかりと伝わってきます。
今回も少し(というか時空転移についてはかなり)ゲーム本編とは設定をいじってますが、かといって強引ではなく、ああ確かにそういうのもありだよなぁと思う。
ゲームとアニメでは話しのテンポとかかなり違うしね。
ボリュームを増すためにおつかいシナリオになりがちなゲームのシナリオを上手くアニメ用にアレンジしてます。
やはりファンではないと十分に楽しめないような作りですが、ファンなら是非見ておきたいところです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66477327
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。