DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOX GT編

DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOX GT編 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-06-15


エディターレビュー

鳥山明原作の世界的大ヒットコミック『ドラゴンボール』のテレビアニメシリーズ第3弾。前作『ドラゴンボールZ』で原作のストーリーを描き終えたため、本作ではそれから数年後の悟空たちの活躍を描くオリジナルストーリーが展開する。封印されていたもう一つのドラゴンボールが解き放たれてしまう。一年以内に全て取り戻さなければ地球が消滅すると聞き、悟空、孫娘のパン、トランクスは、宇宙全土を股にかけたドラゴンボール探しの旅に旅立つ。ドラゴンボール探しの旅という原点回帰を果たしつつ、原作後半の過剰なまでのパワフルさもミックスし、おなじみのキャラクターも総登場する快作。全64話を完全収録するのはもちろんのこと、特典としてドラゴンレーダー型リモコンも封入している。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・よく考えればかなりの出来☆
何故そう言えるか?と言う理由はストーリーのつまみ出しが素晴らし!☆その理由を少し言います。初めは初代ドラゴンボールの原点【冒険】→ベビー編はサイヤ人編でも触れた【サイヤ人に滅ぼされたツフル星人の復讐】→超17号編は【17号の本当の強さ】→邪悪龍編は今まで使いまくった【ドラゴンボールの反動】特に邪悪龍編は当時リアルタイムで見ていて、便利なドラゴンボールも使い続ければこうなるよとしっかり伝えていて考えさせられました。こう見ると原作やアニメで軽く触れていても現に物語りになっていない部分をGTはやってくれたのです。だから面白かった。あとGTの悟飯達のヘタレはわかりますよ。だって修行してないですし平和ボケしていましたから。(ベジータは修行してましたから邪悪龍編で活躍と新必殺技開発しました。)GTで悟飯達がハチャメチャだったらそれこそ変ですよ。悟天とトランクスの性格はトランクスはカプセルコーポの社長ですからね。しかもベジータ厳しいですから。しっかりものになりますよ。悟天は都会っ子化とチチの溺愛ですからね。あんな感じになりますよ。いろいろ書きましたが、んっ?なんかな?と思う事は脚本ぐらいですね。放映期間短かった分内容濃いですしテンポ、迫力は満点です。結構賛否両論ありますが、最後はしっかりドラゴンボールと言う作品を完結しています。最高の作品です☆

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66477979
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。