わんわん物語 プラチナ・エディション (初回限定生産)

わんわん物語 プラチナ・エディション (初回限定生産) 販売元:ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
発売日:2006-03-17


エディターレビュー

ディズニーアニメのクラシックのなかでも、プリンセスものではなく、超人気キャラが出ているわけではない本作が、50年以上も根強い支持を受けているのは、ストーリーの質の高さにあるだろう。お金持ちの家に飼われるコッカスパニエルのレディと、野良犬のトランプとの恋は、本作の直前に世に出た『ローマの休日』とダブり、キャラクターが犬であることを忘れさせる。レディはとことん可愛く、トランプは孤高でカッコいい。それでいて、犬独特のキュートな仕草に、頬が緩みっぱなしになるのだ。
音楽でも、佳曲が多いのが本作の特徴。あの有名なスパゲッティを食べるシーンで、ウェイターがアコーディオン片手に奏でる「ベラ・ノッテ」は、その後の夜のデートへの流れとともに、ドラマと音楽のマッチという点でディズニー作品のなかでもダントツのすばらしさだ。そして、時代を超えて色褪せないのが、アニメ技術の高さ。犬たちはもちろん、2匹の黒猫の意地悪さや、行き交う車をレディがすりぬけるアクション場面など、アニメーションとしての見どころも多い。大人がアニメを観て子ども心を取り戻す作品というのは数多いが、そのなかでも傑出した名作である。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・全世界の犬を愛する人のためのアニメーション
私にとってこの『わんわん物語』は、数あるディズニー作品の中で一番心に残る大好きな作品です。この作品を見て育ったと言っても過言ではありません。
お勧めはレディーの子犬の頃のシーンです。
子犬独特の愛くるしい動きが丁寧に描写されていて、レディーのセリフはないものの、彼女の甘えん坊な性格が伝わってくる、とても可愛いシーンです。
最高なのは、やはりスパゲッティーを食べているシーンですね。
トランプに対する恋心が芽生えるところですしvvvディズニー作品らしい初々しい恋愛描写に感動する、ロマンチックなシーンですvvv
レディー、トランプのほかに、ジョックとトラスティの勇姿にも感動させられます。もちろん、そのほか脇役の動物達、数少ない人間達も素晴らしいと思います。
犬が好きな人、犬は苦手という人にも、是非!見て頂きたい作品です。

この『プラチナ・エディション』には、以前発売されたDVDには未収録のメイキングやストーリーボード、ファンには嬉しい未公開シーンも収録されています。
他の作品の『プラチナ・エディション』を見た限り、今回も大満足なDVDになっていると思いますvvv

長々と語りましたが、この『わんわん物語』は動物達の気持ちが理解でき、動物(犬)をますます好きになれる作品です。
動物(犬)も人間と一緒、大切な家族の一員だということを再認識できる、素晴らしい作品だと思います。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66484290
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。