蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)

蟲師 第ニ集 (初回限定特装版) 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006-03-29


エディターレビュー

生命の原生体“蟲”を調査する片目の蟲師ギンコの旅を描くTVアニメの初回限定特装版DVD第2弾。第3〜5話収録の“其ノ弐”と、第6〜8話収録“其ノ参”の2枚を収納。
第3話「柔らかい角」雪深き村でギンコは蟲のために両耳の聴覚を失い、角が生えてしまった少年の治療を行う。どんなに静かでも世界は無音でないことを知らしめる回。第4話「枕小路」予知夢を見させる蟲に取り憑かれた男。蟲の正体がショッキングな悲劇の回。第5話「旅をする沼」ギンコは山中を移動する“生き沼”と行動を共にする少女と出会う。悲しい過去を背負う少女をギンコは救えるか?ギンコの友人で蟲関連物コレクターの化野医師も初登場。第6話「露を吸う群」潮に阻まれた孤島で死と再生を毎日繰り返し、生神と崇められる少女の真実とは……。第7話「雨がくる虹がたつ」雨上がりの空にかかる、虹のような妖しい光の蟲“虹蛇”を持ち帰るべく旅を続ける男。彼は蟲に人生の何を託していたのか。第8話「海境より」もやのかかった海原で海蛇のようなモノに妻を奪われた男が2年半後に体験する幽玄譚。
いずれも民話のように素朴で奥深い世界観と、飄々としたギンコのキャラとのマッチングによって、独特のテイストを醸し出し、ついには自然哲学のような感慨までもたらしてくれる。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・クオリティを維持しています。
1巻を絶賛しましたが、やはり素晴らしいです。
クオリティが全く落ちていません。
印象づけたいシーンで背景を白く抜いたり
カメラワークで同じ絵を追うことによって時間稼ぎをしたり
なんてことは当たり前のようにしていますが
1話完結のオムニバスで主人公のギンコと友人の化野先生以外は
毎回毎回登場人物が違うのですから
考えてみたら使い回しということがほとんど出来ません。
エンディングも毎回絵(正確には写真)が違いますし曲も違う。
本当に手間暇がかかっているでしょうに、全く荒れや乱れがありません。
各回の話の内容に合わせ、トーンや曲を変える。
世界観を良く理解したうえでの音が、これほどまでに世界を奥深く広げるとは。
切々とした話に心を打たれ、エンディングで収束するように胸を締め付けられます。
原作遵守の姿勢はそのままに、一話一話の世界が見事なまでに構築されていて、実に美しいです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66484323
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。