ガンバの冒険 DVDBOX

ガンバの冒険 DVDBOX 販売元:デジタルサイト
発売日:2006-04-28


エディターレビュー

ひとめ海を見ようと港へやってきた町ネズミのガンバは、残虐非道な白イタチのノロイによって故郷が全滅の危機にさらされているという島ネズミの忠太と出会い、仲間となった港ネズミたちとともにノロイを倒す旅に出かける。
斎藤惇夫の児童文学小説『冒険者たち ガンバと十五匹の仲間たち』を原作に、『あしたのジョー』『家なき子』などの名匠・出崎統監督が手がけた冒険TVアニメーション不朽の名作全26話をDVD-BOX化。中心となるのはかわいくデフォルメされた個性豊かなネズミたちの友情と冒険劇だが、時折ドラマはかなりハードな展開を示すこともあり、またラフでワイルドな画はアグレッシヴ感を増大させるなど、いわゆる他の名作文学アニメとは一線を画した魅力的なものとなっている。初放映から30年の歳月を経た今観直しても、古めかしさなど微塵も感じられず、むしろ今のアニメにはない演出のスケール感などには圧倒されっぱなしである。野沢雅子ら声優陣の好演も忘れがたい。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・見応えありすぎ
いかにも子ども向けの絵。
しかし、そのストーリーは、大人でなければ全てを理解できないであろう深さ。
ノロイとの戦いもすごいですが、
ザクリとの戦いもすごいです。

そして、弱気者の、あまりにも絶望的な戦いが、
エンディングテーマに象徴されています。
明るく見えて、実は重いテーマ。
その重さをかき消すガンバ達の明るさ。

ともかくお勧めです。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66484361
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。