蟲師 初回限定特装版 第三集

蟲師 初回限定特装版 第三集 販売元:マーベラス エンターテイメント
発売日:2006-05-31


エディターレビュー

生命の原生体“蟲”を調査する片目の蟲師ギンコの旅を描くTVアニメの初回限定特装版DVD第3弾。第9〜11話収録の“其ノ肆”、第12〜14話収録の“其ノ伍”の2枚を収納。
第9話「重い実」天災のたびに豊作となる代わりに、瑞歯が生えた者が死んでいく村。ギンコはその怪現象にナラズの実が関係していると睨む。第10話「硯に棲む白」化野医師のコレクションのひとつ、蟲の化石で作られたという硯を磨った子どもたちが奇病に侵された。その謎にギンコが挑む。第11話「やまねむる」霊峰の山腹に穴が空くという奇妙な現象を調べるべくギンコは山中へ赴き、そこで老いた蟲師ムジカを探す。第12話「眇の魚」ではギンコの過去が明かされる。蟲を見ることのできる少年ヨキは、沼のほとりに棲む白髪隻眼の女と知り合い、沼の魚たちもすべて白く隻眼であることに気づいた…。第13話「一夜橋」その谷に落ちた者は、心を食われて戻ってくるという“谷戻り”の言い伝え。谷底の蟲たちは、人に取り憑いてそこから離れようと一夜橋を作る。その橋を人が渡り始めると、絶対に後には戻れないのだ。第14話「籠のなか」竹林から長年抜け出せずにいる男。そこには彼の妻が関係しており、実は竹林全体が蟲であった…。まるで『雨月物語』を彷彿させる、個人的にはベスト・エピソードである。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・真に原作に忠実ということ
原作にそっくりに他人が描くというのは、実は非常に技量の要るものですよね。
アニメには原作にない要素(音、動き等)が沢山あるので、なおさら大変です。

この作品は、原作を本当によく読み込んで、
線の1本までよく観察、考察しているのが分かって驚きます。
DVD1集やOfficial Bookによれば、原作者ともよく相談され、提案をもらったりするそうで、納得。

原作既読でも「えっ!」と驚くような、一歩踏み込んだ華やかな演出が随所にありますが、
原作をよく見直すと、わずかに確かにそうとれる描写があったり、
話の流れからちゃんと納得できる感じで、違和感がなく、更に感動を増してくれています。

私が特に驚き、印象深かった所をいくつか挙げさせて頂きます(ネタバレです)。

9話「重い実」ラストで目を開けた祭主の瞳がわずかに光る。
   光酒が体内に宿っていることをうまく表現出来ています。
11話「やまねむる」のムグラノリ。原作の絵を分解し、組み直していますが
   探って回っている感じやスピード感が凄く出ていて、素晴らしいです。
12話「眇の魚」トコヤミの中のヨキの目の光り方が左右違う。
   1度銀蟲の放つ光を、片目だけ浴びた為だそうです(スタッフの方の日記より)。
13話「一夜橋」ニセカズラの橋が動いている。
   生き物らしさを実感。手にカズラの1本がかかる意味がぐっと増しています。
14話「籠のなか」間借り竹の這いずり方
   ...思わず「うぎゃ!」と叫びました...

作画も演出も声の演技も、質が落ちるどころかますます凝ってきて...
特に「眇の魚」は1コマも目が離せませんでした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66484385
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。