BLOOD+(7) 完全生産限定版

BLOOD+(7) 完全生産限定版 販売元:アニプレックス
発売日:2006-06-28


エディターレビュー

異形の吸血生物・翼手と戦う少女の運命を描くハイパーアクションTVアニメのDVD第7弾。今回は描写ではなく設定そのものがショッキングな見せ場が連続する。第23話「ふたりのシュヴァリエ」動物園で再会したソロモンから、仲間になるよう誘われる小夜。そしてついに彼女の妹ディーヴァが姿を現す。背筋も凍る光景とともに…。第24話「軽やかなる歌声」幼女のように残酷なディーヴァと対峙し、ついに自分の目的を思い出した小夜。しかしその代償はあまりにも大きすぎた。第25話「赤い盾」では翼手殲滅を目的とする“赤い盾”設立のあらましが語られ、デヴィッドの心情も露になる。重苦しい時間が流れる小休止の回。そして小夜には新たな刀が与えられる。第26話「サヤに従うもの」よりオープニングとエンディングの歌が再び変更となり、フランス篇継続のまま第3シーズンへ突入。マルセイユの港に停泊中の“赤い盾”本部客船にシフが襲いかかっていく。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・もう一人の小夜
この巻でついにディーヴァが本格的に登場します。
小夜と深い因縁で繋がっている対の存在ディーヴァ。
無邪気な中にある底知れぬ狂気と残酷さ、可憐さと妖艶さ、異なる要素を持つディーヴァの存在感はもう凄いですよ(笑)
彼女の登場によって物語は大きく動き始めますが、この巻はまだその始まりに過ぎません。
リクに訪れる大きな転機、小夜と彼女を巡る人達思い、どの話も見逃せないです。
ハジVSソロモンや小夜を引き入れようとするなど、ソロモンの行動にも注目です!
キャストインタビューはアンシェル役:中田譲治さんとソロモン役:辻谷耕史さん。
この二人のインタビューは、現時点迄でのキャストインタビューの中で一番聞きごたえのある内容だと思いました。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。