ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産)

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-06


エディターレビュー

幽霊族最後の少年・鬼太郎が、人間に災いをもたらす妖怪たちと対峙していく水木しげるの名作コミックは、これまでに4回TVアニメ・シリーズ化されているが、本DVD-BOXは68年開始の60年代モノクロ版全65話と71年開始の初カラー70年代版全45話をカップリングした超お得なセットである。
60年代版は東映動画(現・東映アニメーション)最後のモノクロ作品でもあるが、これは原作世界を活かそうとする姿勢からで、事実これまで作られたシリーズで一番幽玄な世界が醸し出されている。
初カラーとなった70年代版は、モノクロ版の好評を受けて製作されたもので、原作以外の水木作品からのエピソードや公害問題なども導入されることで恐怖度も倍増、いわば水木ワールドの集大成的なものともなっており、おそらくは最もファンの評価の高いシリーズともいえよう。また70年代版からは猫娘も登場。またメイン・の声優はどちらも同じ(目玉親父役の田の中勇に至っては全シリーズ担当しており、もはや彼の声なくして鬼太郎は語れないほど)なので、観る側はさほど違和感はない。主題歌・熊倉和雄も同様である。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・ゲゲゲの鬼太郎
僕は、高校生ですがとても鬼太郎の魅力にとりつかれています。
始めて鬼太郎を見たのは五歳くらいのときでした最初見たのは、七十年版の「アンコールワットの亡霊」でした。
あのおどろ Aしい雰囲気に僕は恐怖を感じましたこの鬼太郎の出会いをきっかけに、僕は水木ファンになり妖怪が大好きになりました。
長くなりましたが、とにかくゲゲゲの鬼太郎というアニメはいまのTVでは無いなにかが感じられる番組だと思います。

あととくに七十年度版の「死に神とサトリ」わ当時小学生の頃の僕にも、当時の時代背景などがよくわかる作品でした。

とにかくこのゲゲゲの鬼太郎60&70はお勧めだと思います!!!!!鬼太郎を知らない人も、知ってる人もぜひ見て欲しい作品だと僕は思います。
値段的にきついけど....バイト頑張ります!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66484558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。