超電磁マシーン ボルテスV BOX (初回限定生産)

超電磁マシーン ボルテスV BOX (初回限定生産) 販売元:東映
発売日:2006-12-08


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・長浜ロボットアニメの最高傑作でしょう
長浜監督のロボットアニメの中では、やはりこれでしょう。ロボットだけならコン・バトラーVの方が魅力的かもしれないけれど、作品トータルとなればやはりこの『ボルテス』にとどめを刺す。

なんといっても、シリーズ全体に大河ドラマ的なストーリーを持たせ、それに稀代の名敵役プリンス・ハイネルを生み出し、彼の生い立ちをめぐるストーリーを見事にからませている、というのは今までなかった。それはもう主人公である剛三兄弟の方がかすんでしまうほど。その貴公子としてのふるまいもあって、ハイネルは女性ファンの熱狂的な支持を得た。最終回で敵である剛三兄弟との驚くべき関係を明かされても、ボアザン貴族の誇りを抱いたまま彼が死を選ぶところは、最高の名シーンである。このように、長浜監督はドラマ重視を強調するあまり、第28話のようにまったく主役ロボであるボルテスが登場しない話まで作ってしまうという快挙を達成している。

ワープの目標地に障害物がないことを確かめるため、前もってダミーを飛ばしてみる、といったリアルな描写が散見されて感心させられます。なるほど制作しているのがサンライズだからなあと納得。こういうシーンを探すのも楽しみのひとつでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。