うたわれるもの DVD-BOX 章之四

うたわれるもの DVD-BOX 章之四 販売元:バップ
発売日:2007-02-21


エディターレビュー

壮大な叙事詩もついにクライマックス。物語は大きく飛躍して、とんでもない未来世界を描き出す。かつては交流をしていたクーヤとハクオロだが、クーヤの率いる大国クンネカムンが天下統一をうたうことで、ついに衝突することになる。クンネカムンの武器は大いなる力“アブ・カムゥ”。ハクオロは“アブ・カムゥ”に苦戦しながらも、その背後にいる黒幕であるディーの存在に気づく。ハクオロとディー。それは大いなる運命のもと、対となる存在だった――。北方アイヌの文化を下敷きに展開してきた本シリーズだけど、その蓋を開けると、壮大なSF世界が広がっている。この衝撃展開こそが、本シリーズの最大の魅力。さあ、長い物語もここで結末を迎える。一気に見てしまおう。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・は?終わっちゃいましたぁ
ついに完結してしまいました。やっぱり2クールじゃ足りなかったような‥。7・8巻の流れは結構強引だったように思います。スタッフの皆さん大変だったのではないでしょうかね。ゲーム未プレイでTVシリーズをご覧になった方は、ぜひともゲームのプレイをオススメします。アニメだけでは伝え切れなかった内容が沢山あります。ゲーム本編もアドベンチャーやシュミレーションがあっても、それ自体がひとつの小説のように、一本道なのでクリアして初めてその世界の全体像が見えてきます。アニメではカットされてしまったエピソードを見ることが出来ます。それぞれのキャラの個性や面白さをゲームの世界で覗いてみてください。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66490876
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。