真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝 初回限定版

真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝 初回限定版 販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007-02-23


エディターレビュー

映画とOVAの2本柱で新たに始まった『北斗の拳 真救世主伝説』シリーズの第2弾。今回はユリア(石田ゆり子)にスポットを当て、原作にも描かれなかったドラマなどを明らかにしていく。幼いころより未来を予知する力を備える少女ユリアは、ケンシロウ(阿部寛)ら北斗の兄弟とともに育てられるが、やがてケンシロウがシンとの戦いに敗れたことから数奇な運命をたどることに…。作画の荒さや顔出し声優陣のミスキャスティングなど前作から続く欠点は相変わらずだが、そのおもしろさは前作以上。女性の立場から北斗ワールドを捉えたのが成功の秘訣か。前作のアナザ・ストーリー的要素も強いが、本作のおかげで世界観がより深まった感もある。そもそもの原作や従来のTVシリーズなどとの差異を語りたくもなる一方、21世紀の『北斗の拳』として心機一転接することもできたのが嬉しい限り。

おすすめ度

2点 (5点満点中)

感想

・忠犬○公物語(爆笑。
ユリア&ラオウの声のヘタレっぷりについては、他のレビュアーさんと同意見なので割愛します。

ストーリーそのものは、原作の隙間を埋めるような運びで、
ファンとしては純粋に楽しめました・・・・ええ、ラスト近くまでは(汗。

見終わった後の率直な感想。
「北斗の拳って、いつから忠犬ハチ公物語になったんだ!?」

いや?、思いっきり吹き出しました;;
いろんな意味で、ツッコミ所満載。ブラボー(笑。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/66490878
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。