おねがいマイメロディ COMPLETE DVD-BOX

おねがいマイメロディ COMPLETE DVD-BOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007-02-21


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・可愛くておもしろいv
最初、サンリオ(キティちゃんとか)のアニメは子供向けばかりなイメージでしたが、マイメロは違いました!
可愛いキャラ達がボキャブラリー豊かで面白い!大人が見ても楽しめます♪

続編のクルクルシャッフルは何かパワーアップしてる気がして、のめり込んでます☆
こちらもBOXがでたら、絶対買いですねv

超おススメです♪

AIR BLU-RAY DISC BOX

AIR BLU-RAY DISC BOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-22


エディターレビュー

パソコンからTVゲームに移植された人気恋愛アドベンチャーゲームを原作としたTVアニメーションの名作全12話(プラス特別編2話)を、高画質高音質のブルーレイでボックス化。人形遣いの青年・往人(小野大輔)と海辺の田舎町で出会った観鈴(川上とも子)ら少女たちとの交流を通して、1000年の時を超える悠久の愛のロマンが感動的に繰り広げられていく。いわゆる“萌えアニメ”に対する巷の偏見を覆すほど質的に高いクオリティは、このジャンルに活路を開いたとも思しきものであり、特に後半部は感涙すること必至。良質なシナリオの成果も含め、ゲーム原作のアニメーションという点でも最高峰に属する出来栄えだろう。映像、音楽ともにレベルの高い作品なだけに、いち早くブルーレイ化されるのも当然といえば当然の帰結ともいえる。未見の方には、今からでもぜひ鑑賞を強くオススメしたい。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・実は1回しか見た事がない^^;
実はAIRは1回しか見たことがありません^^;
そんな自分が何故購入しょうかと思ったと言うと、その1回が鮮烈に
印象に残ってるからです。Blu-ray Discで発売されていると知りもう
一度あの鮮烈な印象を思い出したくて買う事に決めました!
しかしBlu-ray Discということで再生するハードがありません^^;
まぁBlu-ray Discが普及するまでは飾っておくことにしますw
それほど期待してるから買うってことなんですけどね・・・

ちびまる子ちゃん全集 1990-1992 DVD-BOX (限定オリジナルKUBRICK付)

ちびまる子ちゃん全集 1990-1992 DVD-BOX (限定オリジナルKUBRICK付) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-20


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・ついにきた!!
私は大のまるちゃんファンです(^^)小さい頃からず?っとまるちゃんを見て育ってきたので、この当時の『ちびまる子ちゃん』を見ると、つい幼稚園や小学生の頃を思い出します。あの頃の私もきっとまるちゃんと同じようなことで喜んだり、悲しんだり、怒ったり、ケンカしたり、笑ったりしてたような気がします。『ちびまる子ちゃん』自体は今も毎週テレビで放送されてますが、なんだかあの頃の『ちびまる子ちゃん』とは絵の雰囲気も、話の内容も、キャラクターの性格も微妙に変わったきがします。私はやっぱり昔のまるちゃんが大好きです♪ちびまる子ちゃんのアニメは、別に変身したり怪獣が出てきたりするわけでもないし、魔法がつかえるわけでもないけど、日常のありふれた生活の中にもこんなに面白いことがいっぱいあるんだってことを気づかせてくれます。あ?!!早く見たい(><)今から待ち遠しいです!!

ゲゲゲの鬼太郎1971DVD-BOX ゲゲゲBOX70's (完全予約限定生産)

ゲゲゲの鬼太郎1971DVD-BOX ゲゲゲBOX70's (完全予約限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-06


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・怖さの理由。
この世に生を受けてから、最も怖い妖怪アニメを1つ挙げろと言われれば、
脊髄反射で「それは1971年に放映された第2期ゲゲゲの鬼太郎である」と断言します。
「第2期ゲゲゲの鬼太郎」は深刻な問題を抱えていました。
それは原作漫画の枯渇です。粗方のエピソードは第1期で使ってしまった。
さてどうするか。
方法は2つあります。
1.鬼太郎が登場していない水木しげる先生の妖怪漫画に鬼太郎を登場させるよう脚色する。
2.鬼太郎が登場する短編エピソードを30分放映枠に当てはまるよう脚色してお話を膨らませる。

はい、ここで1つのキーワード「脚色」という言葉が登場しました。
当時の脚本家の面子が凄かった。
安藤豊弘、辻真先、雪室俊一、柴田夏余…「そうそうたる面々」とはこのことです。
これらの脚本家が命を削って心血注いで、原作に敬意を表しながら、
70年代の世相を巧みに取り込んで書いた脚本が、

人間の強欲を描いた「幸福という名の怪物」であり、
親子の価値観の違いを浮き彫りにした「地相眼」であり、
鬼太郎の無力さを描いた「隠れ里の死神」であり、
公害にまみれた東京を是とする人間のおろかさを描いた「原始さん」であり、
祟りの恐ろしさを描いた「足跡の怪」なのであります。

原作漫画を素材にしながら「言いたい事」を付加して原作漫画を越える。

これが「脚色」というものです。

「第2期ゲゲゲの鬼太郎」が「怖い」のはキチンとした理由があるのです。

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産)

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲBOX60's & 70's 2ボックスセット (完全予約限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-06


エディターレビュー

幽霊族最後の少年・鬼太郎が、人間に災いをもたらす妖怪たちと対峙していく水木しげるの名作コミックは、これまでに4回TVアニメ・シリーズ化されているが、本DVD-BOXは68年開始の60年代モノクロ版全65話と71年開始の初カラー70年代版全45話をカップリングした超お得なセットである。
60年代版は東映動画(現・東映アニメーション)最後のモノクロ作品でもあるが、これは原作世界を活かそうとする姿勢からで、事実これまで作られたシリーズで一番幽玄な世界が醸し出されている。
初カラーとなった70年代版は、モノクロ版の好評を受けて製作されたもので、原作以外の水木作品からのエピソードや公害問題なども導入されることで恐怖度も倍増、いわば水木ワールドの集大成的なものともなっており、おそらくは最もファンの評価の高いシリーズともいえよう。また70年代版からは猫娘も登場。またメイン・の声優はどちらも同じ(目玉親父役の田の中勇に至っては全シリーズ担当しており、もはや彼の声なくして鬼太郎は語れないほど)なので、観る側はさほど違和感はない。主題歌・熊倉和雄も同様である。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・ゲゲゲの鬼太郎
僕は、高校生ですがとても鬼太郎の魅力にとりつかれています。
始めて鬼太郎を見たのは五歳くらいのときでした最初見たのは、七十年版の「アンコールワットの亡霊」でした。
あのおどろ Aしい雰囲気に僕は恐怖を感じましたこの鬼太郎の出会いをきっかけに、僕は水木ファンになり妖怪が大好きになりました。
長くなりましたが、とにかくゲゲゲの鬼太郎というアニメはいまのTVでは無いなにかが感じられる番組だと思います。

あととくに七十年度版の「死に神とサトリ」わ当時小学生の頃の僕にも、当時の時代背景などがよくわかる作品でした。

とにかくこのゲゲゲの鬼太郎60&70はお勧めだと思います!!!!!鬼太郎を知らない人も、知ってる人もぜひ見て欲しい作品だと僕は思います。
値段的にきついけど....バイト頑張ります!

ゲゲゲの鬼太郎1968DVD-BOX ゲゲゲBOX60's (完全予約限定生産)

ゲゲゲの鬼太郎1968DVD-BOX ゲゲゲBOX60's (完全予約限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-06


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・本当の水木ワールド!
モノクロで製作された本作は、当時「週刊少年マガジン」に連載されていた
【原作】と同じテイストでアニメーション化されており まさに水木ワールドそのものでした。

『大海獣・前後編』は劇場版並の素晴らしさ!
怖かった『ゆうれい電車』は今でも友人たちと語り草となっています。

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX 1

ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 DVD-BOX 1 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-12-06


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・大満足の一品!
本編DVDは7枚入っていて、もう1枚は本編で馴染みのある音楽が聴けるサウンドトラックが入っています。このCDに入っている一曲一曲が実に完成度の高い、心地良い作品になっています。そして徹之進マニアには最高に嬉しい、現在に至るまでの登場人物のデザイン画やスタッフの製作裏話など、このDVD-BOXでしか観られないブックレットが封入しています。ここまで面白い動物モノのアニメは無いと個人的に思っています。子供はもちろん、大人で犬が大好きな方には特に観て欲しいアニメです。

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 3

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 3 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-09-20


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・おでんくんワールド満開
ますます、おでんくんワールド満開です。私は「ニセおでんくん」が結構お気に入りです。哲学的なことを言っています。大人が見ても考えさせられます。「無意味」って何だろう・・・。

BOX1、2も見ましたが、いきなりBOX3を見ても大丈夫だと思います。でもできれば、最初からのほうが楽しめます。



リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 2

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 2 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-04-26


エディターレビュー

さむい冬にほっとあたたまる、おでんの屋台。じわりと味がしみこんで、うまい、あつい、しぶい! だしの中に具がぎっしりと敷きつめられた、おでん鍋を見ていると、なんだかおでんがかわいらしく、いとおしく見えてくる。ああ! ここに“おでんくん”がいる! 見たあとはなぜだか、おでんが食べたくなっちゃう、傑作シリーズ。声優の顔ぶれも豪華で、みんな熱演してる。音楽もロックテイスト、ブルーズテイストがあふれていてカッコいい。オトナもコドモもいっしょに楽しめる、おでん村へようこそ。やわらかココロ味でやさしいココロになれるはず。もっと観ていたくなる全21話分を収録。「今日もおいしくできましたよ!」

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・「ガングロたまごちゃん、はじめてのおでかけ」
ひねくれもののガングロたまごちゃんがようやくおでかけして大活躍!部下と喧嘩して素直に謝れないおじさんの心を溶かしながらガングロたまごちゃんも可愛いく素直になるさまは心が洗われる想いがしました。

その他の作品も昔、子供だった頃の素直さを思い出させてくれる素晴らしい作品ばかり、子供だけじゃなく今、がんばって働いている大人達にこそ見て”ホッ!”と安らいでもらいたいですね!

ジパング DVD-BOX

ジパング DVD-BOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-04-05


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・「もしも・・・」の話がお好きな方には興味深い作品です
軍事関係の作品を中心に描かれ、現在も連載中のかわぐちかいじさん作「ジパング」をアニメとして映像化されています。
この作品の内容としては、現代技術の粋を投入して作られた目標を追尾するミサイルや、敵を同時捕捉でき撃墜可能なイージスシステムを搭載した海上自衛隊最新鋭イージス艦「みらい」がアメリカ軍との合同軍事演習を行うため、艦隊移動中に謎の自然現象に遭遇、気がつくとそこは過去に歴史として知っている60年前の第二次世界大戦真っ只中の太平洋上にタイムスリップしていた。今、目の前で起こっている状況に理解不能で困惑を隠せない自衛隊員達が偶然、一人の日本海軍軍人を救助してしまう。本来ならば歴史上そこで戦死していたはずの人物を救助してしまった為に、自衛隊員達が知っているはずの過去として確定している歴史が、少しずつ違うものに変わっていってしまう。そんな中、決して歴史上の出来事に介入してはいけないはずの最新鋭艦「みらい」が過去の出来事であるはずの戦争の渦に巻き込まれていく。果たして変わってしまった歴史の先にある新たな歴史とは?また「みらい」は元の現代に戻ってこれるのか?
作品としては「もしも・・・」の話ですが、60年前の世界では逃げても追ってくるミサイルや、当時無かった技術には脅威で驚くことばかりのはず。またバタフライ効果を危惧した隊員たちの苦悩など興味深い作品になっていると思います。なお、この作品は現在も連載中ですので、連載マンガの途中までの映像化でストーリーの結末までは描かれておりません。今後、どうなっていくのか、その後の映像化にも期待です!

ゲゲゲの鬼太郎1985 DVD-BOX ゲゲゲBOX80's

ゲゲゲの鬼太郎1985 DVD-BOX ゲゲゲBOX80's 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-03-15


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・僕の中の「ゲゲゲの鬼太郎」はこれ
僕が小学生の頃に見たのがこの「第三期」と呼ばれる鬼太郎でした

思い出がたくさんつまった第三期

僕の住んでいた地区では夕方に放送だったので、これを見るために走って学校から家に帰りました
大事に取ってあった鬼太郎ビデオの上から、兄に他のテレビ番組を録画されて全部パァになって・・・
人生で本気で「兄を倒す」と思い立ち向かっていったのもこの時が最初で最後でした
(もちろん、返り討ちにあって僕は泣きました)
友達の間で鬼太郎ゴッコをやる時は、僕はいつも一反もめん役でした

その第三期のDVDが発売されていることを知りました

しかし「欲しい」と思った時には「時すでに遅し」・・・

今では手に入れたくても簡単には買えない値段まで高騰してしまいました
情報を仕入れていなかった私が完全に悪いんですがね・・・('・ω・`)

でも・・・せめてDVDだけでも再販、もしくは受注生産をしていただけないかなぁって思っております・・・本当は目玉おやじも欲しいんですが(・ω・)

すいません、ただの僕のわがままですね、この作品の評価ではなく希望を書いてしまいまして・・・すいませんでした

あの夢中になった頃を思い出せる作品だと確信しております、それだけ素晴らしい作品です


リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX

リリー・フランキー PRESENTS おでんくん DVD-BOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-01-27


エディターレビュー

「なんでも知ってるつもりでも、本当は知らないことがたーくさんあるんだよ。世界のフシギやいろんなキセキ。それは、おでんたちのしわざかもしれないのです」。やさしくて、あたたかくて、ちょっぴりほろ苦い、おでん鍋の中の世界。コドモもオトナもじっくり、じんわり、しみじみ。そんな胸があったかくなる『おでんくん』。それだけじゃない、第12話「ウィンナーくんちの幸福の巻」では泣けてくる。
『東京タワー』でおなじみのリリー・フランキーさんによる傑作シリーズ。コドモにとっては、かわいらしくて、親しみやすいお話として。シニカルな視点と現代風のネタのチョイスが、オトナにも十分楽しめる。「人間の目には、おでんくんたちはただのおでんにしか見えないのです」。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・農村型構成の完成版
 作画的にはいわゆる「ヘタウマ系」・・・もっと言うと、今時ありえない位下手なんですが、驚くべき事に「作画崩れ」が全く無い。
 一般的に言われる「作画崩れ」とは、全体を通しての絵のバランスが取れなくなる状態を指します。
 ひどいのになるとAパートとBパートで身長が違ったり
 (まぁ、ネ●まとか)
 それが一切無い。
 恐らく、このパッケージを見る限りでは信じられないと思いますが作画レベルは日本トップレベルです。
 それと、シリーズ構成的にこれは「農村型構成」と言われる手法だと思われます。
 ほら、昔の農村って、村民全員が知り合いで生まれてから死ぬまで皆一緒だったでしょ?
 あのパターンを使う事を「農村型構成」と言います。
 この構成を利用する場合、当然に「皆仲良しの仲間」を演出するために高度なキャラ設定が必要になります。
 そして、見てみるに
 「いま一つもてないのび太きゃら」おでんくん
 「可愛いみんなのアイドル」たまごちゃん
 「ちょっとボケちゃってる長老」大根先生
 「もろジャイアン」ジャガー
 「お金持ち超セレブ」ウィンナー君
 その他等々、似通ったキャラが一人もいない見事なキャラ設定です。
 もう、この時点で十分以上なのですが、いわゆる「リリーフランキーワールド」
 つまりは、途中に含まれるちょっとしたアクセント的な名言が加わり、至極の逸品となっていると考えております。

劇場版 金色のガッシュベル!! メカバルカンの来襲

劇場版 金色のガッシュベル!! メカバルカンの来襲 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006-01-02


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・面白い
金色のガッシュベルの最新映画が、ようやくDVDになって帰ってきました。ぼくは、映画館で、見たのですがこれがガッシュベルの映画を
見るのは初めてだったのですが、笑いあり感動ありのすごい楽しい映画です。お正月ぜひ家族でお楽しみください。

鋼鉄天使くるみ2式 dts5.1ch DVDBOX【初回限定生産】

鋼鉄天使くるみ2式 dts5.1ch DVDBOX【初回限定生産】 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-11-16


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・うーちゃんとサキちゃん
2式になって、キャラクターデザイン・総作画監督が変わって、各話作監のほうが可愛かったりします。

さて、この「くるみDTS」シリーズですが、かなり思い切って各チャンネルに音を割り振っているようで「フロント(メイン)スピーカーの配置」と「メイン・センターの音量バランス」がポイントになるようです。
当方、42V型で画面のすぐ横にフロントスピーカーを置いています。
音声を画面の「右」「中央」「左」で割っているとすると、プログラムの画面が4:3になっているため、画面上の左右のキャラクターの声が場合によっては画面の外側から聞こえて違和感が生じる場合があります。
しかしながら、このディスクリート方式のため、前3チャンネルはもちろん、後ろ2チャンネルのセパレーションも良く、さらに後ろセンター(ファントムですが)と、サラウンドプログラムとしてはかなり面白く出来上がっています。
サラウンドのチェックディスクに使っても良いのではないかと思います。


花右京メイド隊 dts5.1ch DVDBOX

花右京メイド隊 dts5.1ch DVDBOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-10-19


おすすめ度

3点 (5点満点中)

感想

・「萌え」アニメの代表格だが、あともう少し…
原作コミックからOVA化されたこの作品だが、もう少しシリアスな場面があっても良かったのでは?と思いたくなるのだが、全てがショート・ストーリーで構成されている為、止むを得ないかもしれない。
この作品は「おねがい…」のシリーズで名を馳せた井出安軌氏が監督を務めているのだが、氏の作品にしてはやや煮詰めていない様に思える。
しかし、この作品で物足りない向きには、「花右京メイド隊 La Verite」があるから、そちらを御覧あれ。

DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOX GT編

DRAGON BALL DVD BOX DRAGON BOX GT編 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-06-15


エディターレビュー

鳥山明原作の世界的大ヒットコミック『ドラゴンボール』のテレビアニメシリーズ第3弾。前作『ドラゴンボールZ』で原作のストーリーを描き終えたため、本作ではそれから数年後の悟空たちの活躍を描くオリジナルストーリーが展開する。封印されていたもう一つのドラゴンボールが解き放たれてしまう。一年以内に全て取り戻さなければ地球が消滅すると聞き、悟空、孫娘のパン、トランクスは、宇宙全土を股にかけたドラゴンボール探しの旅に旅立つ。ドラゴンボール探しの旅という原点回帰を果たしつつ、原作後半の過剰なまでのパワフルさもミックスし、おなじみのキャラクターも総登場する快作。全64話を完全収録するのはもちろんのこと、特典としてドラゴンレーダー型リモコンも封入している。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・よく考えればかなりの出来☆
何故そう言えるか?と言う理由はストーリーのつまみ出しが素晴らし!☆その理由を少し言います。初めは初代ドラゴンボールの原点【冒険】→ベビー編はサイヤ人編でも触れた【サイヤ人に滅ぼされたツフル星人の復讐】→超17号編は【17号の本当の強さ】→邪悪龍編は今まで使いまくった【ドラゴンボールの反動】特に邪悪龍編は当時リアルタイムで見ていて、便利なドラゴンボールも使い続ければこうなるよとしっかり伝えていて考えさせられました。こう見ると原作やアニメで軽く触れていても現に物語りになっていない部分をGTはやってくれたのです。だから面白かった。あとGTの悟飯達のヘタレはわかりますよ。だって修行してないですし平和ボケしていましたから。(ベジータは修行してましたから邪悪龍編で活躍と新必殺技開発しました。)GTで悟飯達がハチャメチャだったらそれこそ変ですよ。悟天とトランクスの性格はトランクスはカプセルコーポの社長ですからね。しかもベジータ厳しいですから。しっかりものになりますよ。悟天は都会っ子化とチチの溺愛ですからね。あんな感じになりますよ。いろいろ書きましたが、んっ?なんかな?と思う事は脚本ぐらいですね。放映期間短かった分内容濃いですしテンポ、迫力は満点です。結構賛否両論ありますが、最後はしっかりドラゴンボールと言う作品を完結しています。最高の作品です☆

おジャ魔女どれみドッカ~ン! DVD-BOX

おジャ魔女どれみドッカ~ン! DVD-BOX 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-04-06


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・高い…
高校生にも買えるくらいの値段にして欲しいです。というわけで星ひとつ減。

今だけ¥9800! りぜるまいんDVDBOX2(初回限定生産)

今だけ¥9800! りぜるまいんDVDBOX2(初回限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-01-07


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・どうでしょう、このアニメ
パンチラし放題アニメ。
パンチラに嫌悪感のない人は楽しめるかもしれません。
主人公の彼はやり過ぎでは?と言うくらいツンケンしたキャラです。
基本的にくだらないアニメですが、ラストはしっかり盛り上げていて
わりとグッときたりします。15分モノなんでさくさく見れるし案外良いアニメかも。

今だけ¥9800! りぜるまいんDVDBOX1(初回限定生産)

今だけ¥9800! りぜるまいんDVDBOX1(初回限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005-01-07


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・少しお得な価格
前にリリースされた物の廉価版ですね。
内容は、萌えアニメの原点に帰ったようなノリです。
だんな様に一生懸命尽くす?
りぜるたんに萌えちゃいましょう。

前の製品を買ってないなら買いですね。

今だけ¥9800! 花右京メイド隊DVDBOX(初回限定生産)

今だけ¥9800! 花右京メイド隊DVDBOX(初回限定生産) 販売元:ポニーキャニオン
発売日:2004-12-15


おすすめ度

3点 (5点満点中)

感想

・お気楽お手軽アニメ
放送時に数話みただけで、マンガも知らない、メイドファンでもないのですが、BOX化を機に購入してみました。トールケースのパッケージは、どうも単品発売のものをそのまま流用しているようで、着せ替えジャケットがそのままとなっています。また、1枚に3話(45分)ですので入れ替えが少し面倒でした。
内容は、重い話やこった伏線などはないため、気楽に見られます。やたらにメイドさんが裸をさらすのも、状況に進展がなくバカっぽいのも、楽しめる要因となってます。
ただ、時間の割に値段が高い(OPや予告を除いた本編1話あたり13分弱。×12話で160分弱。全体でも180分。)のと、メイドコスプレした声優が実写出演するEDに違和感を感じたので、評価を下げました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。