BUZZER BEATER DVD-BOX

BUZZER BEATER DVD-BOX 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006-03-29


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・お買い得!
このアニメは民放では放送されていなく、リアルタイムで見れた方は少ないと思います。私もその一人です。コミックは読んだのですが、スラムダンクとは違った面白さです。舞台設定が宇宙という壮大なスケールで、新しいバスケットを体験できます。主人公が持つ秘密もこの漫画を面白くする要因の一つです。それがDVDとなって発売されるという事なのでとてもうれしいです。値段もそれなりにお得だと思います。これを買っても損はないと思いますよ。

蟲師 第ニ集 (初回限定特装版)

蟲師 第ニ集 (初回限定特装版) 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006-03-29


エディターレビュー

生命の原生体“蟲”を調査する片目の蟲師ギンコの旅を描くTVアニメの初回限定特装版DVD第2弾。第3〜5話収録の“其ノ弐”と、第6〜8話収録“其ノ参”の2枚を収納。
第3話「柔らかい角」雪深き村でギンコは蟲のために両耳の聴覚を失い、角が生えてしまった少年の治療を行う。どんなに静かでも世界は無音でないことを知らしめる回。第4話「枕小路」予知夢を見させる蟲に取り憑かれた男。蟲の正体がショッキングな悲劇の回。第5話「旅をする沼」ギンコは山中を移動する“生き沼”と行動を共にする少女と出会う。悲しい過去を背負う少女をギンコは救えるか?ギンコの友人で蟲関連物コレクターの化野医師も初登場。第6話「露を吸う群」潮に阻まれた孤島で死と再生を毎日繰り返し、生神と崇められる少女の真実とは……。第7話「雨がくる虹がたつ」雨上がりの空にかかる、虹のような妖しい光の蟲“虹蛇”を持ち帰るべく旅を続ける男。彼は蟲に人生の何を託していたのか。第8話「海境より」もやのかかった海原で海蛇のようなモノに妻を奪われた男が2年半後に体験する幽玄譚。
いずれも民話のように素朴で奥深い世界観と、飄々としたギンコのキャラとのマッチングによって、独特のテイストを醸し出し、ついには自然哲学のような感慨までもたらしてくれる。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・クオリティを維持しています。
1巻を絶賛しましたが、やはり素晴らしいです。
クオリティが全く落ちていません。
印象づけたいシーンで背景を白く抜いたり
カメラワークで同じ絵を追うことによって時間稼ぎをしたり
なんてことは当たり前のようにしていますが
1話完結のオムニバスで主人公のギンコと友人の化野先生以外は
毎回毎回登場人物が違うのですから
考えてみたら使い回しということがほとんど出来ません。
エンディングも毎回絵(正確には写真)が違いますし曲も違う。
本当に手間暇がかかっているでしょうに、全く荒れや乱れがありません。
各回の話の内容に合わせ、トーンや曲を変える。
世界観を良く理解したうえでの音が、これほどまでに世界を奥深く広げるとは。
切々とした話に心を打たれ、エンディングで収束するように胸を締め付けられます。
原作遵守の姿勢はそのままに、一話一話の世界が見事なまでに構築されていて、実に美しいです。

蟲師 第一集 (初回限定特装版)

蟲師 第一集 (初回限定特装版) 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006-03-18


エディターレビュー

漆原友紀のコミックを原作に、動物でも植物でもない生命の原生体“蟲”を調査し、時に退ける蟲師ギンコの旅を描くファンタジック・ヒューマンVアニメの初回限定特装版DVD第1弾。第1〜2話が収録された“其ノ壱”と、長濱博史監督らのインタビュー他を収録したスペシャルDVDの2枚を収納。
第1話「緑の座」では、描いたものをすべて具象化させる能力を持つ少年と、少女の姿をした蟲との関係性に、ギンコが静かに迫る。第2話「瞼の光」は、眼を病み光を痛がって蔵に閉じこもる少女と、その世話をする少年の交流。ふたつめの瞼に潜む蟲が光を奪われたとき、本当の闇と光の河が流れる。しかし、その河を見てはいけないというギンコは、少女の治療を行おうとする。どちらもシンプルで静謐かつ神秘的な画調、アコースティックな音楽の融合など演出の妙によって、原作の世界観が巧みに踏襲されるとともに、アニメーションの新たな可能性までもが示唆される秀作であった。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・原作ファン、アニメファンは見るべし!
近年のアニメでは「プラネテス」が傑作だと思っているのだが、あれは敢えて原作に大幅に変更を施した内容にしていて、
アニメという表現手段に合わせて制作し非常に高い完成度を誇っていた。

この「蟲師」も完成度の高さは相当なものだが、「プラネテス」と違うのはどこまでも原作に忠実であることだ。
原作の絵の順番どおりにアニメは展開し、セリフも全くと言っていいほど同じ。
静止画と動画という根本的に違う表現方法でありながらそこまで一緒にしたらどこかで破綻しそうに思えるが、そんな場面は一切見当たらない。
何故かと言えば、アニメスタッフが原作を細部まで読み込み、人物の機微やセリフの間などを完璧に捉えているからだろう。
原作の本質を見極め、それを映像で表現しようとするスタッフの意気込みが非常によく伝わってくる。
一番重要だと思う点は、「押し付けがましい」部分が無いこと。
演出や音楽で過剰に盛り上げることなく、人間と蟲の在り方を淡々と描き受け手に何かを感じさせる原作の良さを全く損なっていない。
どのエピソードも、生きること、死ぬこと、存在することなどについて何かしら感じさせてくれるものを持っている。
基本的に漫画、小説を映像化したものはもはや別物として見るのが正しい鑑賞法だと思っているが、「蟲師」は例外だ。
原作の良さを100パーセント活かしながら、動き・音楽といったアニメならではの要素でさらに世界を広げてくれる傑作アニメである。

いちご100% スペシャル もぎたて編

いちご100% スペシャル もぎたて編 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005-12-14


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・ほのぼの?
先ごろ、原作も大団円を迎えた、いまどき珍しい正統派ラブコメのアニメ版。チープといえばそうだけど、このぬるま湯のような作風は、気楽に見る分にはちょうど心地よい。

ゾイドジェネシス ムラサメライガー ホロテック SPECIAL BOX

ゾイドジェネシス ムラサメライガー ホロテック SPECIAL BOX 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005-12-07


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・何故これが日曜とはいえ朝八時半に放送される?
実に惜しい。ゴールデンタイムへ行くべし。プリキュアが放映されている時間帯にあるべきじゃないでしょコレ。もったいないったらありゃしない。

メカモノアニメということでとっくに放映終了したガンダムSEEDディスティニー(以下種死)と比べられることがたまにあるけど、この脚本。種死のいかれすぎたスカ脚本とは比較にもならない。明快な主人公の最初の目的。その目的を達成する前に新しく、最初の目的よりも優先する目的を得てしまう、その説得性。段階を踏んで強くなっていく主人公たち。決して行き当たりばったりではなく、しっかりとした計画性を持って一歩一歩目的達成に向かうその姿。見ていて実に気持ちがいい。
しかも、いかにも伏線というものから、あ、これって伏線だったのか、と後になって気づかされるものまできちんと回収していってくれているのが嬉しい。スタッフが真面目な仕事をしているのだから、見ていて実に気持ちがいい


惜しいのは絵だ。CGを使ってのゾイド戦は、回を重ねるごとにどんどんかっこよくなっている。おまけに使いまわしが極端に少ないとくるので実に面白い。そこはいいのだが、CGでない部分は絵が、それもキャラの絵がよく変わる。顔が崩れたり、TPOに合わない顔をしていることもある。1?3話あたりまではこのあたりも随分とよかったのだが、どうもスケジュールなどが厳しいらしい。

しかし、オープニングの歌はなかなかいいし、サントラ早く出てくれないかなと思うほど劇中曲がいい。

ああ、ほんとに惜しい。種死に浪費された予算がこの作品に回ってくれれば、放映時間がゴールデンタイムであれば、もっともっと世間の評価を得られると思うのに。

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD コンパイルBOX

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD コンパイルBOX 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005-12-07


おすすめ度

3点 (5点満点中)

感想

・きっついなぁ・・・。
1も2も初回限定版をもってるのでいまさらコレは買えないけど持ってない人はコレを買うべきでしょうね。

ただ、おなじようなネタの使いまわしというかアナウンサーの壊れ方がダメすぎます。

 あれは冷静にホンモノの実況のように実況してこそ面白いのであって実際にありえないようなはしゃぎっぷりはひきます。
 次回作はもう少しそこを理解した上で作って欲しい。

 しかし流石にこのネタで引っ張るのも限界なので次はまた違う競技でおねがいしたい所。
 その際、実況&解説の方は自重して抑えて喋ってくださいね。

頭文字 [イニシャル] D SUPER COMPLETE BOX

頭文字 [イニシャル] D SUPER COMPLETE BOX 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2005-09-14


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・ちょうど
このアニメが流行ったのは、確か会社に入ってからだったと思う。

AE86という学生の頃にすごく欲しかった車に主人公が乗っているという設定。
しかも、家業の手伝いのために中学の頃から早朝にその車で配達をしてドラテクを鍛えたと言う一見めちゃくちゃな話なのだが、すごくのめりこんでしまった。

主人公が乗る車よりもあきらかにハイスペックな車を相手にしても奇想天外な方法によりなかなか負けない主人公。
非常に共感がもてると思うのは、僕だけではないはずだ。

私事になるが、このアニメが流行る前に、AE86を買おうと思いいろいろな中古車屋を回ったのだが、程度のよいAE86に出会う事はなく、一旦は買うのをあきらめた。

しかし、いつの日にかこの車にも勝るとも劣らない魅力のある車に出会える事を期待している。

今は、このアニメのDVDボックスの発売を非常に心待ちにしているところだ。

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (初回限定版)

スキージャンプ・ペア オフィシャルDVD part.2 (初回限定版) 販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2004-12-22


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・お好きな方だけの作品
わからない方はわからなくていいと思います。

私は面白いし、値段以上に満足です。

ただ、前作は英語でも楽しめたので、
外国の方達に直接見せても大ウケだったのに
今回はほぼ、日本語のみなので・・・星4っつ!。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。