エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.4 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.4 (完全限定生産) 販売元:アニプレックス
発売日:2007-02-28


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・素敵なリョウパパ
「リョウ」のいいパパぶりは「シティ-ハンタ-」からのファンなら予想通りでしょうあの頃から親子がらみの話になると「遊び人リョウちゃん」から完全に「おせっかいやきのリョウさん」になっていましたから「香ちゃん」との娘となれば「シャンイン」が関わる事は事件であろうがなかろうがご期待通りにシャシャリ出て切ない気持ちになりそうな話をホ-ムドラマのお父さんのように見事に明るくまとめてくれるさすがリョウセンセイ「親の死というのは親が子どもに伝える最後の人生観なのかもな」というリョウのセリフが最近のアニメで心にのこったセリフの一つですそれと並んで心に残っているアニメのセリフが「かいけつゾロリ」のなかで「ママはいつだって子どもの味方なんだ」というゾロリのセリフです「親への絶対の信頼感と親の生き方への共感がこの二つのセリフにこめられていると思いますいまの時代私を含めこの「ゾロリとリョウのセリフ」に心から頷ける人は幸せだと思いましたそしてそんな素敵なパパ.ママになって欲しいという両作者の願いがこめられた2作品だと思いますこんないいアニメ終わってしまい残念ですぜひ「エンジェルハ-ト2」も熱望します

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産)

天保異聞 妖奇士 一 (完全限定生産) 販売元:アニプレックス
発売日:2007-02-28


エディターレビュー

黒船ペリーの来航のちょうど10年前、最後の江戸時代と呼ばれる天保14年。異界からやってくるといわれる妖夷を人知れず退治する奇士と呼ばれる部隊が幕府の配下に結成されていた――。主人公・竜導往壓はかつては侍だったが、異界の力に触れた恐怖から、逃亡している人物。彼が奇士となり、ふたたび人生に立ち向かうまでを、丹念に描いているのが、このDVD第1巻。当時の江戸風俗を緻密に描いているため、湯屋(お風呂屋)の光景や商店街の賑わいといった、江戸の日常を垣間見ることができる。往壓の必殺技は、漢字から力を取り出す「漢神」という能力。言葉や漢字のなりたちを知ることもできて、ちょっとお勉強にもなる、“脳を鍛える”伝奇アクションだ。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・大人向き?
このアニメ、見た目の絵柄より内容はとてもハードになっていると思います。主人公の年齢や設定はあの時間帯のアニメの主人公としては、まずありえなかったし。他の登場人物も一癖ありそうな連中ばかりです。ストーリーはとても面白いですが、子供が見ても伝わらないものが多いと思います。主人公が39歳と大人の男なので、子供が見るアニメの主人公としては感情移入しづらいかと思います。このアニメの一番のミスは放送する時間帯ではないでしょうか?好き嫌いは別れますが、私はこの作品とても好きです。打ち切りではなく、深夜枠に時間帯変更だったらいいのに・・・

地獄少女 二籠 箱ノ一

地獄少女 二籠 箱ノ一 販売元:アニプレックス
発売日:2007-01-24


エディターレビュー

「イッペン死ンデミル?」因果応報、褒賞必罰。――人を呪わば穴二つ、掘り当てるのは相手の墓穴か、自分の墓穴か。深夜12時にネットに現れる「地獄通信」。そこに怨みを抱く者の名前を書き込むと、地獄少女が恨みを晴らしてくれるという。ネット時代の都市伝説か、戯言か。情念の連鎖が痛快な結末を導く、人気シリーズ待望の第2シーズン。地獄少女こと「閻魔あい」の愛くるしくて残酷な二面性と、地獄通信のメンバーのシュールかつドス黒いユーモアあふれる呪い感覚がたまらない。DVDの1巻ではどっぷりと1話〜6話の暗黒譚が語られる。あいの誕生秘話もちらりと見え隠れ。学園で、会社で、家庭で、日常の皮一枚向こうで、あいはじっと僕らを見つめている。死んでもいいから、あいにあいたい!

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・良質な続編
前作で謎のままだった地獄少女<閻魔あい>の存在理由が
いきなり第1話の冒頭で明らかになり、三藁も2話以降の
タイトルシーンからみても非常に存在感があります。
前作よりも1話1話の展開にスピード感がある、というかメリハリが
あるように感じました。音楽や主題歌に関しても印象は同じです。
それでもストーリーは相変わらず重い、というか考えさせられる内容です。
個人的にこの<箱ノ一>に収められている第6話まで観た感想は
良質な続編といった他愛もないものですが、前作を知らない人でも十分楽しめる
内容、完成度だと思います(ひょっとしたら二籠から観た方が勢いがあって
いいかも)。
続編ゆえの余裕なのか、ところどころのギャグが殺伐としたストーリーに
ちょっとした癒しを与えてくれているのも好印象☆

それにしても。。。
「なめんなよ、タコ。」にはびっくりしました(笑)。


BLEACH バウント・尸魂界強襲篇1〈完全生産限定版〉

BLEACH バウント・尸魂界強襲篇1〈完全生産限定版〉 販売元:アニプレックス
発売日:2007-01-24


エディターレビュー

いよいよ放映3年目に突入したアニメ『BLEACH』。このDVDから新章突入。現世に戻ってきた一護とルキアたちを待ちかまえていたのは、魂を狩る者たちバウントだった。バウントたちは死神たちの世界「尸魂界(ソウルソサエティ)」へ強襲する。原作マンガにはないオリジナルストーリーだけど、熱く盛り上がる展開は圧倒的。いまやバウントを演じる声優がキャラクターソングCDを出すほどの人気になっている。霊力を吸収し、無敵になるバウントに対して、一護たちはどうするのか。はたして護廷十三隊の隊長達はどのように立ち向かうのか。風雲急を呼ぶ、尸魂界(ソウルソサエティ)!

おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・冒頭はシロちゃんファンサービス
冒頭部だけなら克目するような日番谷の隊長ぶり。
シロちゃんの出番はすべて抑えておきたいという
日番谷ファンにはオススメ。
ルキアファンならその後も楽しめる。

金色のコルダ~primo passo~I〈完全生産限定版〉

金色のコルダ~primo passo~I〈完全生産限定版〉 販売元:アニプレックス
発売日:2007-01-24


エディターレビュー

甘く優しい恋のメロディが流れはじめる――。恋愛シミュレーションゲーム「ネオロマンスシリーズ」の待望のアニメ化。年に数回行われる、出演声優が勢ぞろいするイベントは超満員という、熱狂的なファンが支持しているシリーズだ。声優はゲーム版とまったく同じ。音楽をモチーフにしていることもあり、作品の中にはたくさんのクラシック音楽が流れる。その美しくたゆたう世界はじつに甘く繊細だ。アニメーション制作は「アンジェリーク」「遙かなる時空の中で 〜八葉抄〜」を手がけた、ゆめ太カンパニー。そのクオリティの高さは信頼感十分だ。ライバルたちと競うあいだに芽生えるものは…? その想いははたして友情、それとも恋!? 学院を舞台にした恋のエチュード!

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・とうとうハマった
まさか最後の砦まで崩されるとは・・・
ネオロマシリーズは『アンジェ』『遥か』シリーズに嵌まり出費が嵩んでいたので『コルダ』には嵌まるつもりはなかったのに・・・気まぐれで購入して観たら・・・「絵、綺麗」「魔法のバイオリン?」面白くて、見事嵌まりました。

田舎でTV放映が観られなかったので。
漫画もまとめ買いして一気読みしましたが、やっぱりアニメは綺麗だぁ。

個人的には「黒柚木」が楽しみなので、その話が発売になるのを心待ちにしてます。

コルダ、ブラボー!!

NARUTO-ナルト- 5th STAGE 2007 巻ノ一

NARUTO-ナルト- 5th STAGE 2007 巻ノ一 販売元:アニプレックス
発売日:2007-01-01


おすすめ度

4点 (5点満点中)

感想

・ナツヒ星
凄く良かったです。とても綺麗なストーリーで、何度見ても飽きません。でも最後が、ちょっと呆気ないかな?ナルトとスマルが力を合わせて、アカホシを倒してほしかったです。子守歌は感動します!

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.3 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.3 (完全限定生産) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-12-20


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・毎話、泣けます!(T_T)
本当に、心から感動させられます。
絶対に見て欲しい作品です(>_<)
毎話、涙が止まらず、心が温かく優しい気持ちになります。
リョウの香への深い愛情が最高に上手く表現出来ています!
私的には、やっぱり!リョウの男泣きのシーンの涙には、心から感動…。私も涙しながら、香と同じように『リョウー!!』って、叫びたくなりました。
父親と一緒に見ていたのですが、父親も涙をこらえながら、見入っていました。
親子の絆的な話がテーマにもなってますので、見終わった後、なんとなく、親子の心の距離感が近くなってる気がする作品ですよ(*^_^*)
オススメです!



るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝

るろうに剣心 DVD-BOX 全集・剣心伝 販売元:アニプレックス
発売日:2006-12-20


エディターレビュー

幕末期に伝説の人斬りと恐れられていた緋村剣心が、明治維新後、流浪人(るろうに)となって弱者を助けていく。本DVD-BOXは、和月伸宏の人気コミック『るろうに剣心〜明治剣客浪漫〜』を原作とした時代劇TVアニメーション・シリーズ全94話にOVA2本、劇場版1本、さらには朝倉紀行の劇中曲リミックスCD1枚を封入した豪華セット。
アニメにはめずらしい明治もので、しかも主人公が用いる刀は人を斬れない逆刃刀と異色の設定だが、タイトルに偽りのない悲しい浪漫性やキャラクターの魅力、また豪華アーティストによる主題歌提供(必ずしも作品世界とは一致していないものもあったが…)などの要素があいまって、アニメ・ファンのみならず幅広い世代の人気を得た作品でもある。特に時代劇でありながら女性層ファンを多く獲得したことは、この手のジャンルに新たな可能性を示唆した意味でも大いに評価したいところである。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・大人も楽しめるアニメ娯楽時代劇
 アニメで時代劇というと、ややとっつきにくく思う人もいるかもしれないが、そんな事はない。
フィクションと史実をうまく融合させながら、誰にでも楽しめる痛快娯楽作品になっている。
 必殺技も数多く登場するが、一応理にかなっていて荒唐無稽になっていないところがすごい。このあたりは、原作者のセンスのよさといったところか。 
 そして、特筆すべきはアニメーションのレベルの高さ。
 通常TVシリーズのアニメは、その厳しいスケジュールのためデッサンが乱れたり、絵が破綻する事がよくあるが、この作品にはそれがない。終始高いクオリティを維持し続け、大人の鑑賞にも十分耐えうるものになっている。
 なかでも終盤、ブルース・リーの死亡の塔を彷彿とさせる京都編が面白い。志々雄真実や斎藤一、天剣の草次郎といった魅力的なキャラが多数登場し、それぞれが過去に深い傷やトラウマを抱えているため、決闘シーンだけではなく人間ドラマとしても見応え十分だ。
 
 ストーリー、画力、演出、声優陣(チョイスがシブイ)の演技、すべて完成度は高い。普段アニメを見ない人にもぜひオススメしたい作品だ。

BLEACH バウント篇 7 (完全生産限定版)

BLEACH バウント篇 7 (完全生産限定版) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-12-20


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・いよいよ
ソウルソサエティへ行く直前までの話です。最後に石田がえっ!?と思うことをやっちゃいますよ?★
あと、見所といえば、敵のアジトでソウルソサエティの死神さんたちが大暴れしてます。吉良&檜佐木のコンビネーションプレーは必見ですね!めっさカッコイイ?♪

BLEACH バウント篇 5 (完全生産限定版)

BLEACH バウント篇 5 (完全生産限定版) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-10-25


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・特典最高です!
 本編は続き物なので省きますが、特典のDVDは5月に行われたアニメフェスの物です!このDVDが手に入るとは思っていなかった者としてはうれしい限りです!内容は救出編までの総集編で、個人的には一護とルキアが好きな方には特に満足なものだと思います。ただひとつ残念という点で言うのなら、前後編ではなく、一本にまとめて欲しかったです(笑)

FLAG Vol.1 完全生産限定版

FLAG Vol.1 完全生産限定版 販売元:アニプレックス
発売日:2006-09-27


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・監督のファンなもので・・・
待望の新作です、私にとっては・・・

斬新な切り口です。
実写(無理かなぁ)で見てみたい作品でもあります。
でもちょっと値段が高いなぁ・・・
「通常版」ではなく、こちらを買ったのだけれど・・・
(「通常版」も高いと思います)

おふらんすあたりの「スノップな方々」に受けそうな内容?
海外で絶賛されて、国内が騒ぎそう(「攻殻機動隊(第1作劇場版)」みたく)
でも私は、渋くて好きです。

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.2 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.2 (完全限定生産) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-09-27


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・かなり好きな作品です
シティーハンターを学生のときに見ていて、現在は親になってこのエンジェルハートを見ています。親子の絆が常にテーマになっているようで、その中でシャイインやリョウちゃんが大活躍しています。もちろんクスッと笑えるシーンもありながら。
子供には少し難しいめですがそれなりに楽しめるだろうし、大人が見ても奥深くおもしろいアニメです。

BLOOD+(7) 完全生産限定版

BLOOD+(7) 完全生産限定版 販売元:アニプレックス
発売日:2006-06-28


エディターレビュー

異形の吸血生物・翼手と戦う少女の運命を描くハイパーアクションTVアニメのDVD第7弾。今回は描写ではなく設定そのものがショッキングな見せ場が連続する。第23話「ふたりのシュヴァリエ」動物園で再会したソロモンから、仲間になるよう誘われる小夜。そしてついに彼女の妹ディーヴァが姿を現す。背筋も凍る光景とともに…。第24話「軽やかなる歌声」幼女のように残酷なディーヴァと対峙し、ついに自分の目的を思い出した小夜。しかしその代償はあまりにも大きすぎた。第25話「赤い盾」では翼手殲滅を目的とする“赤い盾”設立のあらましが語られ、デヴィッドの心情も露になる。重苦しい時間が流れる小休止の回。そして小夜には新たな刀が与えられる。第26話「サヤに従うもの」よりオープニングとエンディングの歌が再び変更となり、フランス篇継続のまま第3シーズンへ突入。マルセイユの港に停泊中の“赤い盾”本部客船にシフが襲いかかっていく。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・もう一人の小夜
この巻でついにディーヴァが本格的に登場します。
小夜と深い因縁で繋がっている対の存在ディーヴァ。
無邪気な中にある底知れぬ狂気と残酷さ、可憐さと妖艶さ、異なる要素を持つディーヴァの存在感はもう凄いですよ(笑)
彼女の登場によって物語は大きく動き始めますが、この巻はまだその始まりに過ぎません。
リクに訪れる大きな転機、小夜と彼女を巡る人達思い、どの話も見逃せないです。
ハジVSソロモンや小夜を引き入れようとするなど、ソロモンの行動にも注目です!
キャストインタビューはアンシェル役:中田譲治さんとソロモン役:辻谷耕史さん。
この二人のインタビューは、現時点迄でのキャストインタビューの中で一番聞きごたえのある内容だと思いました。

BLEACH バウント篇 2 (完全生産限定版)

BLEACH バウント篇 2 (完全生産限定版) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-06-28


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・とっても面白いですっ!!
何と言っても、特典DVDっ!!これが最高です^-^
詳しくは書きませんが、某あの方々がナレーションをしています。
ってか、護廷十三隊の死神さん達を語ってます。
しかし、斬ってる、と言った方が正解でしょう(笑)。
ただの、死神図鑑ではありませんですっ♪
コレの為に買っても損ではないかな?と思います。
勿論、それは、人それぞれだとは思いますけれどね。
でも、私は面白かったですし、コレの為に買って良かった!と満足です!

BLEACH 尸魂界 救出篇 5 (完全生産限定版)

BLEACH 尸魂界 救出篇 5 (完全生産限定版) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-04-26


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・藍染隊長が素敵すぎ!
もともとBLEACHはテレビではまり 漫画を読んでさらにはまりました。特に私は藍染惣右介が好きで藍染がたくさん出るこのDVDの発売を心待ちにしてました。購入して大満足です。ジャケットも藍染でたまりません。
藍染役の速水奨さんの声も素晴らしくうっとり聞きほれてしまします。
藍染ファンは是非買って欲しいです。アニメはバウンド編に突入して当分 藍染が出る機会はなさそうなのでこのDVDを観て彼が再び登場するのを待ちます。

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1 (完全限定生産)

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.1 (完全限定生産) 販売元:アニプレックス
発売日:2006-04-26


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・秀作は齢を重ねていくのだ!
遼のおっさん化についてとやかく批評があるみたいですが,それが現実なんです。愛する香を失って悲哀にくれる表情もそのおっさん化によってより一層の深みを増していると思います。シャインを優しく見守る遼の父親の顔を,ほほえましく見ている自分に気付きました。自分も同じく20年もたっておっさん化し,女房子供を持っている訳です。(決定的な違いとして,遼のやるときはやる!の真似は勿論できません...)
遼の人生に憧れながらこれからも楽しみに拝見していきます。
絵の作りが雑な所は確かに認めざるを得ないでしょう。しかしながら,それを上回る秀逸なストーリーを気に入れば人生の宝物として持っていて損はないですよ,お客さん!


劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX 販売元:アニプレックス
発売日:2006-01-25


エディターレビュー

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・切ないラスト
TVでは比べ物にならないほど面白かった
ドイツ、ナチス、第二次世界大戦、ヒトラーなど実在した事件人物が多数登場
アクションシーンも中々凝ってます
最後のウィンリィとエドとアルの今生の別れは切なすぎて胸が痛くなりました
ラストに掛かるラルクアンシエルの歌もこの映画にピッタリでとても良かったです

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX

劇場版 鋼の錬金術師シャンバラを征く者 完全生産限定版 プレミアムDVD BOX 販売元:アニプレックス
発売日:2006-01-25


エディターレビュー

TVアニメ版の「鋼の錬金術師」は、荒川弘の原作から大きく方向を変え、主人公の兄弟エドとアルが“扉のこちら側”と“向こう側(=我々にとっての現実世界)”に離ればなれになるという衝撃的なシーンで幕を閉じた。それから2年後が描かれるのがこの劇場版だ。
ナチスが勢力を伸ばしつつある1923年のドイツというあまりにシビアかつシリアスな舞台設定が、“錬金術”という題材を扱ったこの破天荒な物語にいい作用を及ぼしたかどうかは、評価が分かれるところだろう。とはいえ、エドやアルはもちろん、ウィンリィやロイ・マスタング、その元部下たちといった魅力的な登場人物の“その後”を見られるのは単純に楽しいし、ヒューズやキング・ブラッドレイら、TVシリーズ中で絶命した者たちが“別キャラ”として登場するのも、パラレルワールドものならではの面白さ。映像についても、申し分のない大迫力シーンが目白押しで、TVシリーズのファンなら見て損はないと言えるだろう。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・切ないラスト
TVでは比べ物にならないほど面白かった
ドイツ、ナチス、第二次世界大戦、ヒトラーなど実在した事件人物が多数登場
アクションシーンも中々凝ってます
最後のウィンリィとエドとアルの今生の別れは切なすぎて胸が痛くなりました
ラストに掛かるラルクアンシエルの歌もこの映画にピッタリでとても良かったです

NARUTO -ナルト- 4th STAGE 2006 巻ノ一

NARUTO -ナルト- 4th STAGE 2006 巻ノ一 販売元:アニプレックス
発売日:2006-01-01


おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・アニメファンなら絶対に買うべし!!
この巻には、放映当時から大変評判になった、
第133話「涙の咆哮!オマエはオレの友達だ」が収録されています。
絵コンテ・演出・作画監督を若林厚史氏が務めたこの回は、
とにかくアクションが凄まじく、テレビアニメーションとは
思えない程のクオリティで、アニメ史上に長く語り継がれて
いくであろうエピソードだと考えています。

NARUTOをこれまで一度も観た事が無く、話が分からない方でも、
アニメに興味のある方ならば是非一度は観て欲しい回です。
また、評価に関しましては、個人的には星10個は付けたいくらいです。

BLOOD+(1) 完全生産限定版

BLOOD+(1) 完全生産限定版 販売元:アニプレックス
発売日:2005-12-21


エディターレビュー

劇場用アニメ『BLOOD:THE LAST VAMPIRE』の“セーラー服の少女が日本刀で翼手(人に擬態し、人間の血を喰らう異形の生物)を斬る”というコンセプトをもとに、新たな発想で繰り出すハイパー・アクション・バトルTVアニメーションのDVD化第1弾。
第1話「ファーストキス」は、米軍基地のある沖縄コザの町を舞台に、1年前までの記憶がない少女・小夜が数奇な運命の糸に操られるように深夜の学校で猟奇吸血殺人事件の犯人=翼手と対峙し、そこで謎の青年ハジから血の口づけを受けるまで。
第2話「魔法の言葉」ではまるで別人のように日本刀で翼手を斬った小夜と、その家族の恐れや戸惑いが中心に繰り広げられていく。これから始まる非情な世界へ突入する直前の序章的存在だが、第1話の冒頭、ヴェトナム戦争の描写から早くも世界的規模のスケールを予見させる仕上がりで、音楽プロデュースにハンス・ジマー、音楽マーク・マンシーナという豪華な布陣も実に似つかわしい。また本シリーズは全体的に音楽を重視した設定や演出がほどこされている。

おすすめ度

5点 (5点満点中)

感想

・文句なしの傑作
ただいま最終話まで見終わったところです。
なんというか心が重い、そして切ない。
爽快感などかけらもない(いやかけらくらいはあるか)。
序盤の沖縄こそ明るくキラキラした世界だけれども、後はもう陰々滅々とした戦いの旅が続いていく。
いつかまたあの昔の楽しかった時代にもどれるという希望も次第に失われ、後は使命感のみが支える戦いの道。

いや、嫌いじゃないんです。もう大好きです。間違いなく。
でもあまりに切ない・・・

戦うサヤは本当に美しくてかっこいい。全てを悟って覚悟を決めた後半は本当に魅力的です。
シフも大好きですね。彼らが登場してから個人的にテンション上がりました。そこからカイも本当に魅力的なキャラになったし。

それから、これは30分枠でぶつ切りで見るようにはできておりません。
DVDでまとめて見るのが吉であります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。